「大人が楽しむ紙芝居の世界」—-水出真弓さんの公演

2018年12月3日 イベント

平成30年12月2日(日曜日)、水出真弓さんの紙芝居の世界を楽しみました。水出さんは伊勢崎市を拠点に群馬県で活躍されている「紙芝居のスペシャリスト」で、「紙芝居だいすきプロジェクト紙芝居のたね」を立ち上げて各地で紙芝居の種が大きく育つようご尽力されています。この日は本庄市北堀のふくろうと雑貨とカフェのお店「シュエット」さんで公演があり、Green Leafわかばの仲間5人で参加しました。「くもの糸」や「ごんぎつね」、「モチモチの木」などのお話に効果音を使った引き込まれるような実演でした。特に声色を変えたり言葉を強調しているわけではないのに登場人物が上手に使い分けられていて、まるで舞台の芝居を見ているようでさえありました。水出先生のお言葉で「文章は脚本であり読む人は演出家である、演出によってお話が生きてくる」とありました、身にしみるお言葉で公演は実にお見事でした。私達の活動に是非生かして行きたい紙芝居実演の見本として勉強させていただいた貴重な時間でした。

紙芝居教室-2紙芝居教室-3紙芝居教室紙芝居教室-1

 

 

 

  • 一覧を見る
インフォメーション
特定非営利活動法人Green Leaf わかば
〒367-0039
埼玉県本庄市四季の里3-2-7
TEL:080-5048-3932
営業時間:9:00~18:00
休日:土日祝

協力団体法人
思いをつなぐ会
ホワイトベル
労力ネットワーク
きずなサポートセンター